メニュー

事業紹介

LAN設計

LAN設計

ネットワークの設計・構築・運用まで、お客様のニーズに合わせて最適なネットワークソリューションをご提供させていただきます。 ご都合に合わせて、土曜日・日曜日も施工対応可能です。

LAN設計でお悩み解決

lan01

lan02

LAN03a

lan04

lan05

 

LAN設計の導入事例

導入事例①光ファイバーケーブルで工場のCAD/CAM連結機械を安定運用

問題

 「CADデータで作成した図面データを、製造機械へ転送できない」
お客様は建築鉄骨製品や火力発電所架構の設計及び製造をされています。
事務所で作成したCADデータ(工業製品の設計・製図に用いるソフトウェア)をCAD/CAM(CADと、製品を製造・成形・加工するソフトウェア、CAMを組み合わせたもの)を介して、100m以上離れた工場にある製造機械に伝えているのですが、大容量のデータだと転送に時間がかかってしまったり、エラーが発生して転送できないなどの問題が起きていました。
CADデータにそって、自動的に鉄鋼を切断したりしてパーツを作り上げるので、エラーが発生し製品の生産が止まると、出荷にも大きな影響が出てしまいます。

LANケーブルと光ファイバケーブル図解

原因

①事務所と工場の間が100m以上離れていたからです
事務所と工場の間をLANケーブル(ネットワークを構成する機器間をつなぐ通信ケーブル)でつなげていたため、CADデータの転送に時間がかかっていました。

②ケーブルが長いほど電磁波の影響を受け易くなりエラー発生の可能性が高くなります
LANケーブルが工場内の電磁波を拾ってしまい、CADデータが転送できないエラーの原因になっていました。

提案内容

光ファイバーケーブルをご提案
LANケーブルの代わりに光ファイバーケーブルをご提案しました。特徴として、電気信号を光に変えて光信号でデータ伝送を行います。そのため電磁波にも強く長距離の高速伝送が可能です。

長距離電送に強い光ファイバケーブル

光ファイバーケーブル

結果

光ファイバーケーブルを採用したことでデータ転送時間も短縮され、エラーも発生せず、滞りなく製品の加工・生産ができるようになりました。

まとめ

離れた場所とのデータのやりとりにはLANケーブルより光ファイバーケーブルがおすすめです。
通信速度が遅い、データが転送できないなどでお困りの方はぜひご相談下さい。

ページのトップへ

導入事例②LANケーブルの配線経路を見直し、快適な社内ネットワーク環境構築!

問題

「支社から本社のネットワークにアクセスした時の、インターネットの速度が遅い」
M社様はVPN(拠点間通信)を使ってネットワークを構築していたのですが、インターネットの速度が遅く、業務が滞っていました。

「VPN(本社支店間の拠点間通信)が遅い」

○VPNとは

VPNとはバーチャル・プライベート・ネットワークの略で、拠点間をつなぐためのものです。支社などから安全に本社の社内ネットワークにアクセスしたりすることができます。イメージとしては本社と支社等の間に専用のトンネルをつくり、他の人が通れないようにします。
インターネットをし経由ますが、不正アクセスを防ぐなどあたかも同一ネットワーク内にいるかのような利便性があります。

○VPNのメリット

これまで拠点間のやりとりは専用線を利用していましたが、接続距離に依存した料金体系のためコストがかかっていました。VPNなら手間がかからず、既存ネットワークがそのまま使えます。

VPNイメージ図

原因

①LANケーブルの性能に余裕がなかった
M社様では頻繁なアクセスでのデータのやり取りをされていたのですが、使用されていたLANケーブルを性能ギリギリ一杯使っていたために、遅延が発生していました。

②無駄なLAN配線の経路で遅延が発生していた
LANケーブルの性能だけはでなく、社内に無駄なLAN配線の経路があり、その配線経路の結果遅延が発生していました。

提案内容

①社内ネットワーク接続を円滑にするためにLANケーブルの交換をご提案
LANケーブルを快適な通信スピードに対応できるタイプで構成しました。

②LANケーブルの配線経路を見直し通信速度を向上
乱雑になっていたLANケーブルをまとめました。配線経路を見直し、不要なハブ、LANを無くすことで通信速度を向上させます。ハブに接続するLANケーブルにタグを付けることにより、どのPCとつながっているか分かるようにしました。担当が変わった時の管理業務の移行もスムーズですし、作業を業者に依頼する時も指示が出しやすくなります。

③ネット回線経路の向上で、回線速度を速くします
VPNプランの変更(プラン10→プラン30 光プレミアム→フレッツ光ネクスト)

結果

配線経路を見なおしハブ、LANケーブルの数を最小限にすることで余裕があるネットワーク環境を構築できました。本社と支社をつなぐトンネル。片側1車線の道路から片側2車線になったこと(LANケーブのタイプ、配線経路、プラン変更)で、渋滞(VPNの遅さ)も解消しました。

車道に見立てた配線経路

まとめ

LANの配線等、乱雑になっていませんか?もしかすると、通信速度が遅くなる原因かもしれません。LANケーブルの配線についてお困りの方はぜひご相談ください。

取扱いメーカー

PANDUIT(パンドウイット)